OCNモバイルONEに家族割はありません。

しかし、容量シェア(追加SIM)を利用することで家族割以上に割引を受けることができます。

容量シェアとは、ご契約の通信容量を最大合計5枚のSIMカードでシェアすることができる制度です。

家族で通信容量をシェアしたい方、スマートフォン・タブレット端末・ゲーム機などの複数の端末を利用する方などにおすすめです。

OCNモバイルONE容量シェアは家族割のようになる?

OCNモバイルONEの容量シェアは必ずしも、1人1契約ずつするより安くなりません。

1人が契約して、SIMカードを4枚追加しても、1人1人が契約した方が料金は安くなる場合もあるので、計算して安くならない場合は容量シェアにする必要はありません。

1つの契約でSIMカードを最大4枚まで追加することができます。つまり、家族5人なら、まず自分が契約して、4枚のSIMカードを追加することで、合計5枚のSIMカードを家族5人で使うことができます。

20GBを家族4人で容量シェアする場合

契約者音声通話SIM 20GB/月コース4,400円
2人目追加SIM 音声通話1,100円
3人目追加SIM 音声通話1,100円
4人目追加SIM 音声通話1,100円
タブレット追加SIM データ通信専用 400円
合計20GB8100円

新コース3GBを1人1契約ずつ4人でする場合

契約者音声通話SIM 3GB/月コース1,480円
2人目音声通話SIM 3GB/月コース1,480円
3人目音声通話SIM 3GB/月コース1,480円
4人目音声通話SIM 6GB/月コース1,980円
タブレットデータ通信専用SIM 3GB/月コース 880円
合計18GB7300円

4人のデータ容量合計に2GBの誤差はあるものの、1人1契約の方が安いという結果となりました。容量シェアのが割高のパターンである場合は、容量シェアにする必要はありません。

OCNモバイルONE容量シェアを家族割のように安く利用するには?

例えば、契約者が6GBの音声通話SIMを契約していて、子供に持たせる6GBのデータ専用SIMを契約したい場合は、容量シェアのが安く済みます。

この場合、契約者は10GBの月額2880円を契約します。容量シェア 月額費用(データ通信専用SIMカード)400円(税込440円)を1枚追加します。

合計月額3280円となります。

これは、契約者が6GBの音声通話SIMを月額1980円、子供に6GBのデータ専用SIM月額1380円で1人1契約で合計月額3360円より80円安い計算となります。

容量シェアの方は合計10GBで、6GB×2=12GBより2GB少なくなりますが、2人で合計10GBまでしか使わない場合は最適と言えます。

OCNモバイルONEは家族割はないが、OCN光モバイル割がある

「OCN 光サービス」とセットのご利用で、「OCN モバイル ONE」の月額利用料が、毎月200円(税込220円)割引になります。

最大5契約まで合計1,000円(税込1,100円)まで割引となります。ご家族でもご利用いただけます。

光サービスとOCN モバイル ONEのご契約者住所が同一で、ご家族の場合にお申し込みいただけます。家族でも住む場所が異なる場合、割引できません。