OCNモバイルONE

OCNモバイルONE容量シェアとは

OCNモバイルONEは親回線の契約SIMに容量シェア用のシェアSIMを追加発行するという形をとります。ご契約の通信容量を最大合計5枚のSIMカードでシェアすることができます。

親回線となる契約は音声通話SIMでもデータ通信専用SIMでも可能です。またOCNモバイルONEのすべての料金プランを親回線とすることができます。日単位コース、月単位コースなど何でも自由に選択できます。

家族で通信容量をシェアしたい方、1人でスマートフォン・タブレット端末・ゲーム機などの複数の端末を利用する方などに最適です。

容量シェアは、まず1人が代表して主契約としてOCNモバイルONEと契約します。

コース音声対応SIMデータ通信専用SIM
110MB/日1600円900円
170MB/日2080円1380円
3GB/月1800円1100円
6GB/月2150円1450円
10GB/月
3000円2300円
20GB/月4850円4150円
30GB/月6750円6050円
200kbps(15GB/月)2500円1800円

その主契約に必要な枚数だけsimカードを追加して容量シェアを利用します。

OCNモバイルONE容量シェアは、主契約とSIMカード追加ともに音声通話SIM・データ通信SIMの組み合わせ自由

親回線および容量シェア用の追加回線はすべて音声通話SIMでもデータ通信専用SIMでも選択が可能です。全員が音声対応SIMを選ばなければならない規定はありません。

1人で2台持ちの場合、主契約は音声対応SIMでスマホに使い、容量シェア用の追加回線んはデータ通信SIMと選ぶことができます。

OCNモバイルONE容量シェアおすすめな人

  • 家族内でデータ容量を沢山使う人と使わない人がいる
  • 家族内でデータ容量を余らせてしまう人がいて消失させて無駄になっている
  • タブレットをサブ機として2台持ちをしたい
  • 家族の合計月額料金を安くしたい

OCNモバイルONE容量シェアSIMカードは最大5枚まで

OCNモバイルONEの容量シェアSIMカードは、1契約あたり最大4枚まで追加できます。つまり、5枚のSIMで通信容量をシェアできます。

家族5人で容量をシェアすることが可能です。家族5人がそれぞれ1契約ずつする場合、容量が足りない人と容量が余る人が出てきます。そうすると、余った人は翌月に繰り越しできますが、繰り越しは翌月末で消失するので使わなければ無駄になります。

容量シェアであれば、家族内の足りない人に容量を分けることができます。

OCNモバイルONE容量シェアの使い方

家族で使うパターン

父親が20GBを契約して、容量シェアで母親、長男、次男、長女のSIMカードを4枚追加した場合、5人で20GBを分け合うことができます。

例えば、父親が4GB、母親が4GB、長男が2GB、次男が5GB、長女が5GBと合計20GB使う事ができます。

1人で複数台の端末で利用するパターン

1人でスマホ2台、タブレット1台の合計3台で容量シェアしたい場合は、2枚のSIMカードを追加します。

例えば、6GBを契約した場合、1台目のスマホが2GB、2台目のスマホが2GB、タブレットが2GBといった使い方ができます。

OCNモバイルONE容量シェア料金

初期費用

新規で容量シェアも同時にお申し込みの場合データ通信専用SIMカード
SMS対応SIMカード
音声対応SIMカード
SIMカード追加手数料
0円/枚
SIMカード手配料
394円(税抜)/枚
すでにOCN モバイル ONEをお持ちで追加で容量シェアをお申し込みの場合データ通信専用SIMカード
SMS対応SIMカード
SIMカード追加手数料
1,800円(税抜)/枚
SIMカード手配料
394円(税抜)/枚
音声対応SIMカードSIMカード追加手数料
3,000円(税抜)/枚
SIMカード手配料
394円(税抜)/枚

主契約の人が、新規で申し込む際、同時にSIMカードを追加すると、SIMカード追加手数料は無料となりお得です。OCNモバイルONE契約後にSIMカード追加すると手数料はデータSIMが1800円、音声対応SIMが3000円掛かります。

SIMカード手配料は、OCNモバイルONE新規契約と同時申し込みでも、すでにOCNモバイルONEをお持ちで追加で容量シェアをお申し込みの場合でも394円掛かります。

また、「データ通信専用SIMカード」「SMS対応データ通信専用SIMカード」「音声対応SIMカード」どの種別のSIMカードを契約しても一律394円のSIMカード手配料となっております。

月額費用

データ通信専用SIMカード400円(税抜)/枚
(容量シェアSIM料金400円+SIMカード利用料0円)
SMS対応
データ通信専用SIMカード
520円(税抜)/枚
(容量シェアSIM料金400円+SIMカード利用料120円)
音声対応SIMカード1,100円(税抜)/枚
(容量シェアSIM料金400円+SIMカード利用料700円)

月額料金は、「データ通信専用SIMカード」「SMS対応データ通信専用SIMカード」「音声対応SIMカード」により異なります。タブレット専用の場合、音声対応SIMは不要でデータ通信専用SIMとなるので月額料金が安くなります。

OCNモバイルONE容量シェア料金シュミレーション

20GBコースを家族5人音声対応SIMで容量シェアする場合は、まず1人が代表して20GBコース月額4850円を契約します。

残り4人はSIMカード追加となります。その場合の料金は以下です。

初期費用

・SIMカード追加手数料 3000円×4枚=12000円
・SIMカード手配料 394円×4枚=1576円

4人追加で初期費用が13576円

月額費用

・音声対応SIMカード 20GB/月コース 月額費用 4,850円
・容量シェア 月額費用(音声対応SIMカード) 1,100円×4枚=4400円

5人で毎月9250円

OCNモバイルONE容量シェア料金を通常契約と比較

OCNモバイルONE容量シェア料金は、1人1人が個別に契約する通常契約より安いです。

家族3人で10GBの場合

3人で10GBを容量シェアした方が、3人がそれぞれ3GBコースを契約するより月額200円安くなります。

通常契約の場合

音声対応SIMカード 3GB/月コース 月額費用 1800円×3=5400円

容量シェアの場合

音声対応SIMカード 10GB/月コース 月額費用 3000円
容量シェア 月額費用(音声対応SIMカード)1100円×2枚=2200円
合計5200円

OCNモバイルONE容量シェアお申込み方法

OCNモバイルONE容量シェアは新規契約の際に同時お申込みがお得です。OCNモバイルONE契約後にSIMカード追加するとSIMカード追加手数料が掛かります。

SIMカードの追加は、1ヵ月に1度だけです。同じ月内に追加SIM(容量シェア)を申し込みできません。翌月以降になります。

SIMパッケージの購入と同時に容量シェアのお申し込み手続きをする。

  • 容量シェアSIM利用する
  • シェアSIMカード追加オプション

  • SIMカードは1契約あたり最大4枚まで追加申込いただけますが、初回申込時に同時申込いただけるSIMの枚数は2枚までとなっております。3枚目以降の追加に関しましては、申込完了後マイページにてお申込いただけます。

  • SIMカードの種類を選択
  • SIMサイズはマルチSIMカット

  • 「マルチカットSIM」は任意のサイズにカットでき、「標準SIM」、「microSIM」、「nanoSIM」の3サイズに対応します。

  • ご利用する携帯電話番号
  • 通話プランを選択
  • 国際ローミング、留守番電話サービス、キャッチホン、あんしん補償などオプション加入を選択
  • 利用者情報を選択

OCNモバイルONE容量シェアのメリット

複数契約より容量シェアのが安い

OCNモバイルONEを複数人で1人1契約ずつして利用する場合、音声対応SIMの3GBプランを家族3人それぞれが契約すると月額1800円×3契約で合計月額5400円となります。

容量シェアプランの10GB(音声対応SIM)月額3000円で契約すると追加SIMの料金は1100円×2枚で2200円で合計5200円となります。

これは3GBプランを1人1契約するより200円安く、合計1GB増えます。容量シェアなら1人あたり3.3GB使えます。

OCNモバイルONEの支払いがまとめられる

OCNモバイルONEで容量シェアプランを使ってSIMを追加すると、主回線の名義と追加SIMの名義は同一になります。つまり、主回線名義の方が家族全員分をまとめて支払うことになります。

家族でOCNモバイルONEの場合、050 plusで通話料を無料にできる

OCNモバイルONEでは050 plusというIP電話アプリがあります。

通常は月額324円ですが、OCNモバイルONEの契約時もしくは契約後に、オプションでセット割にすると162円の月額基本料で利用できます。

050 plus同士は通話料金が無料です。家族内で通話を頻繁にする場合は、050 plusも一緒に利用すると家族間の通話料がかからなくなります。

データ容量を無駄にすることがなくなる

3GBコースを契約していても、毎月3GBを使い切れず2GBしか使わない場合は1GBが余る事になります。

容量シェアならば、その余った1GBを家族内で足りない人に分けることができて無駄がありません。

OCNモバイルONE容量シェアの注意点

OCNモバイルONE容量シェアを使い切ったら速度制限がかかる

容量シェアの基本通信容量を超えた場合、通信速度が送受信時最大200kbpsになります。

速度制限はシェアしているSIMすべてが速度低下します。家族5人でシェアしている場合は家族全員が送受信時最大200kbpsになります。

容量シェア用のSIMカード追加ではスマホセットを利用できない

容量シェアSIMとして追加発行するSIMカードでは、OCNモバイルONEが「らくらくセット」として提供しているお得なスマホセットでの契約ができません。

容量シェアの契約は親回線のみの契約であり容量シェアSIMは親回線契約での追加発行という形となります。

OCNモバイルONEの「らくらくセット」は「1契約で1台のスマホセット購入が可能」となっており、新たな契約にあたらないため「容量シェアSIM」の追加発行ではスマホセットでの購入ができません。

容量シェアは全て同一名義

容量シェアは、親回線の契約のもとで容量シェア用の子回線SIMを追加発行という形となるため、すべての回線名義は親回線の契約者名義となります。

容量シェアSIMとして発行する追加SIMは、音声通話SIMでもデータ通信専用SIMでも発行することができます。音声通話SIMの追加発行の場合は他社からのMNPでの発行も可能です。

ただし、MNPでの容量シェアSIM発行の場合は事前に親回線の名義と同じにしておかなければMNP転入ができません。親回線と別名義でMNP転入はできませんのでご注意下さい。

OCNモバイルONE容量シェアSIMカード追加手数料無料キャンペーン

OCNモバイルONE容量シェアSIMカード追加手数料が「データ通信専用SIMカード」「SMS対応SIMカード」は1800円、「音声対応SIMカード」は3000円掛かります。

例えば「音声対応SIMカード」を4人分追加したら手数料12000円も掛かります。

OCNモバイルONEでは、年度替わりや進学シーズンを中心に不定期でSIMカード追加手数料無料キャンペーンを実施しています。既にOCNモバイルONEを契約している方が容量シェアを契約するなら、キャンペーン期間中に契約するのが得策です。

SIMカード手配料394円が無料になるキャンペーンは実施したことがありません。