OCNモバイルONE節約モードとは

節約モードとは、速度制限なしの通信(最大788Mbps)と、通信容量を消費しない速度制限ありの通信(最大200kbps)を自由に切り替えられる機能です。

動画や写真・音楽などを高速でダウンロードしたい時は、最大788Mbpsで高速通信して、待受中やニュースの確認、メールやメッセージのやり取りの時は200kbpsの節約モードで通信容量消費をゼロに抑えて節約することができます。

節約モードのONとOFFは、スマートフォンアプリ・OCNマイページから1日何回でも、即時で切替えができます。

OCNモバイルONE節約モードを利用する意味は?

OCNモバイルONEの高速データ通信容量の上限は限られております。データ容量を使い切った場合、速度制限がかかり速度が低下します。

そこで、高速通信と低速通信を上手に使い分けることでデータ容量の消費を抑えることができます。

OCNモバイルONE節約モードは無制限

OCNモバイルONEの節約モードの速度は200kbpsと遅くなりますが、どれだけ利用しても無制限で利用することができます。

youtubeなら画質は悪くなりますが、200kbpsでも視聴可能です。止まることもありますが、止まらずに見られる動画が多いです。

ただし、動画が開始されるまでに結構時間がかかります。長いものだと、1分位待たなければなりません。あと、再生位置を変えると、画面が読み込み状態になりそのままエラーになってしまうことが多々あります。

それでも無制限に動画視聴できるので、多少の不便な点は我慢しましょう。

OCNモバイルONE節約モードの申し込みは?

OCNモバイルONEの節約モードを利用するのに申し込みは不要です。

アプリストアからOCNモバイルONEのアプリをインストールします。アプリを起動して、節約モードの「ON/OFF」ボタンを選択するだけで簡単にモードを切り替えることができます。

節約モードの切り替えに回数制限はありません。1日に何回でも切り替えることができます。

Android、iOS(iPhone)用にアプリが提供されているので、専用の「OCN モバイル ONE アプリ」をインストールしましょう。

Androidのアプリはこちら 

applestoreのアプリはこちら 

OCNモバイルONE節約モード使い方

OCN モバイルONEウィジェット

節約モードを「ウィジェット」を設定して、切替ボタンを押すことでAndroidでもiOS(iPhone)でも即時に速度変更が可能です。

ホーム画面に節約モードを配置することで、いつでも手軽に低速モードに切り替えができます。

OCNマイページ

「OCNマイページ」からログインして、通信速度の変更は可能です。ログイン後のページで「切替」ボタンを押すと、ターボ状態(節約モード)のON/OFFを変更できます。

この方法は、マイページにログインしてから低速モードに切り替えを行うため、「ウィジェット」に設定する方法より手間がかかります。

OCNモバイルONE節約モードの特徴

通信容量を節約できる

節約モードをONにすると、通信速度が最大200kbpsになり、通信容量を消費せずに、通信を行うことができます。

簡単・気軽に変更できる

OCN モバイル ONE アプリ(Android用、iOS用)、または、OCNマイページからいつでも変更することができます。
変更は即時で反映されます。
1日何回でも変更することができます。

※OCN モバイル ONEを新規/追加でご契約の場合、利用申し込み当日は節約モードON/OFF切替ができません。

SIM(発信番号)ごとにON/OFFできる

複数のSIMカード(または端末)で容量をシェアしている場合でも、SIM(発信番号)ごとに、節約モードのON/OFFを行うことができます。

OCNモバイルONEの節約モードはバースト転送機能がある

OCNモバイルONEは、バースト転送機能があります。

これは低速通信時においても、通信の最初の数秒間だけ高速通信速度でデータ通信できる機能です。メールやLINEの読み込みなど断続的で小容量の通信には非常に効果的です。

最大通信速度200kbpsなどでも、より快適にご利用いただけるよう、通信開始時の一定量(150KB)のみ高速通信(最大通信速度 262.5Mbps)が可能となる「バースト転送機能」を提供されています。

バースト転送機能によって、容量の超過やターボ機能をオフにしているために高速通信が利用できない状態にあっても、通信をし始めた際の一定量は高速でデータの送受信ができるようになります。

このため、WebサイトやSNSの読み込みなど、送受信のデータ量が比較的少ないサービスを利用する場合には、最初のページやアプリ起動直後の画面などが表示される速度が改善されるため、これまでより快適にご利用いただくことができます。

OCNモバイルONEの節約モードを利用することでデータ繰り越しできるようになる

OCNモバイルONEの節約モードを利用することで、データ消費を抑えることができるので、データ容量を余らすことができて、余った分を翌月に繰り越すことができます。

毎月毎月、データ容量を余らすことができないと、毎月付与されるデータ容量から消費されるので余裕がないですが、繰り越したデータ容量から消費されるサイクルを作ることで、毎月余裕をもったデータ容量を持つ事ができます。

OCNモバイルONE節約モード200kbpsできること

webサイト閲覧

テキストが主体の通常のwebサイトは閲覧する際に表示が遅くなることはありません。

画像を使用しているサイトは読み込むのに多少の時間が掛かりますが、表示ができずいつまで経っても閲覧できないことはありません。

メール

キャリアメール、Gmail、ヤフーメールなどは送受信の際に困ることはありません。

ただし、広告・画像・動画が添付されたメールの受信は少し重く感じたり、メールの更新に通常より時間がかかります。

LINE

通常のテキストやスタンプは、いつも通り送受信が可能です。

しかし、画像の送信は、送信中に時間を表す時計のようなアイコンが出てきて、10秒くらい送信完了までかかります。

通話は鮮明に聞き取ることができます。相手はこちら側からの音声は普段のLINE通話と変わらず聞き取りできます。

LINE通話の映像は、こちらの画面に映し出される映像は動きがカクカクしていて、画質が悪いですが、映像自体が見えなくなったり、消えてしまう事などはありません。

相手方の端末に映し出されているこちらの映像は、鮮明で何も問題ありません。

Instagram

写真がメインなのでデータ量が多く、タイムラインが全然更新されません。また、写真の表示も遅いです。

ストーリーに関しては、ボタンを押して少し待ってからストーリーの画面に行き、そこからさらに途切れ途切れで再生されます。スムーズに再生するのは不可能です。

写真タイムラインに関しては、我慢すれば使えるには使えますが、ストレスが溜まります。

Twitter

Twitterは文字を少し待てば表示されますが、画像は待っても全然表示されません。表示されている画像の中で一番上のものから下7つ程度まで表示されるのに1分以上掛かります。

動画視聴

YouTubeなどの動画視聴は、まったく見られないというわけではありませんがスムーズに見ることはできません。

再生されるまでの待ち時間が長かったり、再生されても途中で止まったりします。

途中で再生位置を変えたときなどは読み込みに時間がかかり、そのままエラーになることが多くなります。

ゲームアプリ

ゲームアプリは高速通信を必要とするものが多く、基本的には低速通信には不向きです。

すべてのゲームが不向きではありませんが、通信速度をあまり必要としないゲームや、節約モードなどが搭載されているゲームであればそれほどストレスを感じることなくプレイすることができます。

しかし500kbps程度の速度を最低限必要とするゲームも多いです。そういったゲームでは途中で止まってしまうなどまともにプレイすることはできません。

アプリダウンロード

アプリのダウンロードは容量が大きくなればなるほど遅くなります。

10MB以下の容量が小さめのアプリでも数分は必要で、50MB以上のアプリでは30分以上掛かります。1GB以上のアプリとなると1時間程度かかります。