OCNモバイルONEの審査は厳しい?

OCNモバイルONEでも一応は審査がありますが、実際に審査落ちする人は少ないです。審査は甘いとはいい切れませんが、ユーザー数をとにかく増やしたいNTTコミュニケーションズとしては、よほどのことがない限り、新規契約・乗り換え契約を断られることはありません。

OCNモバイルONEで審査に通したくない人は、「利用料金の未納」をする方です。そのため、未納・滞納をする可能性が高い人は審査が厳しくなります。

OCNモバイル公式限定ページ申し込みはこちら

OCNモバイルONEの支払方法でクレジットカードと口座振替はどちらが審査が緩い?

クレジットカード払いに比べて口座振替は審査落ちの可能性が高まります。その理由として、料金の徴収方法に違いがあるからです。

クレジットカード払いの場合は、最悪の場合未納されたとしてもNTTコミュニケーションズはクレジットカード会社が支払いを代わりにしてくれます。

NTTコミュニケーションズにとってはクレジットカード会社の保証があるため未納リスクがありません。

それに対して口座振替払いの場合は、利用者が口座を空っぽにすると、NTTコミュニケーションズは回収ができなくなります。また、クレジットカード払いと違って第3者が決済代行をしてくれません。

そのため、未納料金の回収もNTTコミュニケーションズが行うことになる余計なコストと労力がかかることが懸念されます。そのリスクを背負わない為にも信用できる利用者を審査に通すようにしております。

OCNモバイルONEの審査内容落ち原因1:本人確認書類の不備

OCNモバイルONEで契約する際に提出した本人確認書類に不備があると審査に通りません。

  • 両面必要な書類が片面しか提出されていない
  • ピントがブレており文字や顔が判別できない
  • 蛍光灯や太陽が映り込み判別できない
  • 本人確認書類の有効期限が切れている

OCNモバイルONEの審査内容落ち原因2:申し込み入力情報に誤りがある

OCNモバイルONEに申し込む時に入力する際の住所・氏名に誤りがあると審査に通りません。提出する本人確認書類の名前・住所と相違がないように入力しましょう。

例えば住所の番地が抜けていたり、市町村名が抜けていたり、名前の漢字を間違えていたり、などがあります。本人確認書類に記載されている氏名・住所が正しい情報となりますので、照らし合わせて相違がないか確認してから申し込みをしましょう。

OCNモバイルONEの審査内容落ち原因3:MNP予約番号発行者と名義が異なる

MNP予約番号は、現在の電話番号を引き継いでOCNモバイルONEに申し込む際に必要となります。例えば夫の名義でスマホを契約していた妻の場合、名義変更せずにMNP転出手続きを行うと夫名義でMNP予約番号を発行することになります。

この状態で、OCNモバイルONEへ妻名義で申し込みすると、MNP予約番号の発行者と名義が異なるため審査落ちしてしまいます。

MNP予約番号の発行者と契約者の名義は必ず同じにしましょう。

OCNモバイルONEの審査内容落ち原因4:過去に携帯電話料金を滞納

OCNモバイルONEに乗り換えする前に、au・ソフトバンク・ドコモ・ワイモバイル・UQモバイルなどで過去に携帯電話料金を滞納していた場合は審査に落ちる可能性が高くなります。

携帯電話会社間で滞納などの信用情報は共有されますので、NTTコミュニケーションズも滞納された情報は把握しています。過去に滞納をしたということは、今後も滞納する可能性がありますので、そうしたリスクを避けたいNTTコミュニケーションズとしては審査に落とします。

OCNモバイルONEの審査内容落ち原因5:過去に早期解約した

キャリアや格安SIMのMNP(乗り換え)のキャッシュバックや端末一括0円キャンペーン目当てで、短期契約をして早期解約した場合はブラックリストに入ります。

携帯電話会社としては短期契約する人を顧客として望んでおりません。その為、短期契約を繰り返す恐れがある人は審査に落とします。

OCNモバイルONEの審査内容落ち原因6:CIC情報に問題がある

株式会社シー・アイ・シー(CIC)は、クレジット会社の共同出資により、昭和59年に設立された、主に割賦販売や消費者ローン等のクレジット事業を営む企業を会員とする信用情報機関です。

また、CICは、割賦販売法および貸金業法に基づく指定信用情報機関として指定を受けた唯一の指定信用情報機関です。

消費者のクレジットおよび消費者ローンに関する信用情報(個人の属性・契約内容・支払状況・残債額など)を加盟会員であるクレジット会社などから収集し、それらクレジット会社からの照会に応じて情報を提供しています。

加盟資格を満たし、且つ厳格な加盟審査を経て入会した加盟会員は、信販会社・百貨店・専門店会・流通系クレジット会社・銀行系クレジット会社・家電メーカー系クレジット会社・自動車メーカー系クレジット会社・リース会社・保険会社・保証会社・銀行・消費者金融会社・携帯電話会社などで構成されています。

携帯電話利用料金や端末代金の支払いなどに頻繁に遅れがある場合や、何ヵ月経過しても未納分を支払わない場合、CICに支払い能力がないと記録されてしまいます。

このCICに悪い履歴が残っていると、OCNモバイルONEの審査に通りません。

OCNモバイルONEの審査内容落ち原因7:MNP予約番号の有効期限切れ

MNP予約番号は発行した時点で15日間の有効期限があります。OCNモバイルONEにはMNP予約番号取得後は3日以内に申し込みする必要があります。

MNP予約番号取得から3日を過ぎてしまうと有効期限が切れてしまい、審査に通りません。

OCNモバイルONEの審査内容落ち原因8:契約回線数は5回線まで

OCNモバイルONEは、1人当たり5回線まで契約が可能です。1人で5回線以上は契約できません。家族の分を契約する為に、6回線目を契約すると最大回線の上限を超えておりますので審査に落ちます。

OCNモバイルONEの審査内容落ち原因9:未成年者のオンライン申し込み

OCNモバイルONEでは未成年の申し込みが可能ですが、保護者の同意署名・捺印が必要となり、オンラインで申し込みができません。

未成年者の申し込みの場合はお電話からの申し込み限定となります。

フリーダイヤル:0120-506506(受付時間:10:00~19:00)

※IP電話からフリーダイヤルつながならい場合:050-3786-0506

OCNモバイルONEの審査内容落ち原因10:クレジットカードの名義が異なる

OCNモバイルONEの支払いにクレジットカードを利用する場合は、「契約者名義のクレジットカード」を用意する必要があります。

「MNP前は家族の名義」なのに「自分名義のクレジットカード」を登録しても契約することはできません。MNPの場合は、必ず「MNP前の契約名義」のクレジットカードを用意しましょう。